学校法人つばさ学園
 相模つばさ幼稚園
〒252-0206 相模原市中央区淵野辺2-22-7
TEL:042-753-2196 / FAX:042-753-2119
Email:otayori@tsubasa.ac.jp
幼稚園のごあんない
幼稚園のいちにち
活動時間
「食事」「排泄」「着替え」が自分でできることが入園に必要な基本的な柱で、 つばさ幼稚園では「挨拶」「礼儀」「身だしなみ」など 躾の教育を行ないます。 同時に「心」や「からだ」の成長を育んでいきます。 但し、上記の項目はご家庭での日々の 躾(教育)に大きく左右されます。 幼稚園は1から教える場では ありませんのでお間違いなく。
きららキッズ
園庭開放“ぷれいず!”
未就園児“つぼみのお部屋”
つばさっこブログ
お問い合わせ&アクセス
園児募集
当園は遊びを重視していますが、 年間のカリキュラムを作成し日々の保育にあたっています。  体操・音楽・絵画と専門講師による指導があり、 日常の活動(制作・歌・鍵盤等)は担任が行ないます。  補助を含め、職員は全員専門の学校を卒業し 幼稚園教諭の資格を持っていますのでご安心ください。 午後の預かり保育担当も同様です。  ※事務員やバス運転手を除く。
今年の夏もボディペインティングを行ないました! 肌に影響の少ない絵の具を使用しているので 上から下までペイントしてもだ丈夫です! こんな活動ができるのは幼稚園ならでは!!
【 幼稚園のごあんない 】  相模原市内の幼稚園としては規模の小さな園に分類されます。 そんな相模つばさ幼稚園は、平成29年度創立45周年を迎えました。 大空を自由に舞うことができる「つばさ」。未来を担う大切な 子ども達が自信を持って社会に飛び立っていけるよう、 一人ひとりを見つめ、心に寄り添う保育をしています。  みんなで考え、みんなで笑い、みんなで泣く。 より良い保育をするために、先生達は園内外の勉強会も行い、 今の状況に満足することなく日々新しいことに挑戦しています。  また、「遊びとは何か」を見直し始めています。 『子ども達は遊びの中から学ぶ』と思い保育をしていますが その遊びの質を見直し、その中から何を学んでもらいたいか 何を感じてもらいたかを私は考えています。 その為今年度から天然の材木を使った 遊具を園庭に増設しました。 また、当園では今まであまり行なっていなかった 泥遊びや身体を使った遊びを積極的に取り入れています。 手先足先から自然に触れる楽しさを感じてもらい、 全身を使うことの楽しさを知ってもらいたいと思っています。  遊びや活動の中で起きる仲間同士の関わりも 成長には欠かせないものだと思います。 時には意見が合わず対立しケンカになる事もあるでしょう。 自分の思い通りにならずモヤモヤすることもあるでしょう。 仲間とケンカをしたり先生に叱られたりすることも 子どもの成長には必要不可欠です。 そこを通らずに大人になる事はできません、 そこから逃げるわけにもいきません。 私は園長として、また自分自身が親として 子ども達の心の成長も大切にします。  相模つばさ幼稚園は、平成30年度もこれまで通りの幼稚園です。 毎年活動や行事内容を見直していますが、 幼稚園であることにはかわりません。 但し、平成31年度をめどに認定こども園への移行を検討しています。 純粋な幼稚園という形から子育て支援を含めた新しい形になります。 45年培ってきた保育の基礎を大切にし、地域の子育て支援をしていく予定です。 移行に関して保護者の皆様にはご迷惑をお掛けすることもあると思いますが 新たな時代の子ども達の為にもご理解とご協力をよろしくお願いいたします。  園長 平本誠子
求人案内